코인리더스 재팬

米FRBの利下げ見通しでビットコイン強気の声が高まる

고다솔 기자 | 기사입력 2023/12/18 [08:04]

米FRBの利下げ見通しでビットコイン強気の声が高まる

고다솔 기자 | 입력 : 2023/12/18 [08:04]
 

▲ ビットコイン(BTC)

 

 

米中央銀行である連邦準備制度(Fed-FRB)が来年に金利を引き下げるという見通しで、暗号通貨の大株主であるビットコイン(BTC)に対する強気の声が高まっている。

 

Morgan Creek Digital Assetの共同創業者であるAnthony Pompliano氏が最近、X(旧Twitter)を通じて「米国FRBが株価を史上最高値に引き上げている。次はビットコインをはじめとする暗号通貨になるだろう」と主張している。

 

約70万人のツイッターフォロワーを持つ匿名の仮想通貨アナリストPentoshi(Pentoshi)も「FRBの金利引き下げが始まれば、ビットコインは次の上昇サイクルに入るだろう」と予測している。

 

暗号通貨融資プラットフォームYouHodlerの市場責任者であるRuslan Lienkha氏も「2024年半ばにFRBの最初の利下げが行われると予測する。少なくともそれまではリスク資産は圧迫されるだろう。しかし、2024年後半には、金利引き下げと景気後退が加わり、かなりの資本がリスク資産市場に流入するだろう」と楽観論を展開した。

 

一方、世界の投資運用会社VanEck(VanEck)CEOのJan van EckはCNBCニュース番組に出演し、FRBの金利政策によるビットコインの展望を公開した。

 

彼はインタビューの中で、FRBが金利を歴史的な水準に引き下げることを期待していると述べた。歴史的に、金利引き下げの時期にビットコインは強気を記録した。

 

「ビットコインの価格変動はマクロ経済要因の影響を受けます。価値の保存手段であるビットコインは利息を発生させないが、金利によって価格が変動する。ビットコインの価格変動サイクルによって金利も変化する。ビットコインと金価格の変動時に影響を与えたマクロ経済状況は非常に強い関連性がある」と述べた。

同氏は、2021年、金とビットコインの価格はともに強含みで、今年に入ってから反発していると付け加えた。

 

今年、ビットコインの取引価格は1年間で170%近く上昇した。

 

しかし、ヴァンエックは、ビットコインの価格がさらに上昇する可能性があり、特に来年4月に予定されているビットコインの半減期の影響で、1年以内に最高値に達する可能性があると述べた。

 

ビットコイン価格の追加上昇の見通しについて、ヴァン・エックは「ビットコインの上昇はまだ終わっていない。まだ成長傾向を記録している」と主張した。

続いて、「ビットコインのバブルが崩壊すると主張することができる。実際に2017年、ビットコインの価格バブルが崩壊したことがある。しかし、2021年に6万9,000ドルで史上最高値を更新した。その後、ビットコイン価格バブルが崩壊し、最高値を記録したことがない」とし、「したがって、ビットコイン価格サイクルの重要なイベントである半減期とともに1年以内に最高値到達が可能である」と主張した。

 
이동
메인사진
포토뉴스
過剰な米金利引き下げ期待に「非合理的な過熱」警戒の声相次ぐ
이전
1/5
다음
Crypto & Blockchain 많이 본 기사